7name/BLOG

備忘録

2次マでFaceRig対応をしたモデルを販売登録しました。

f:id:amn7name:20180629020232p:plain

こんにちは、ナナメです。

先日、Live2D社さんがLive2Dデータを販売するサイト2次マのβ版をリリースしました。
ここではLive2Dの書き出しデータや元データ、イラストデータの販売を行うことが出来ます。

今回私も2次マにモデルの販売登録を行ったので、登録したモデルの紹介と、購入者さん向けにFaceRigへの導入方法をまとめます。

[7/5追記]BOOTHでも販売開始しました。

はじめに

f:id:amn7name:20180629011135g:plain

長髪眼鏡っ子ちゃんです。
VTuber等の用途で活用していただくことを想定して作成しました。
DLしたファイルをFaceRigのフォルダに入れればすぐに動かすことが出来ます。

お願い

  • VTuberとして活動する場合、[モデル提供:ナナメ@7name_]と記載をお願いいたします。
  • ファイルの再配布などは禁止いたします。

色調整の許可

テクスチャは髪の毛や目などの色を自由に調整してかまいません。
楽に調整が出来るよう、髪の毛や目などは近い場所に配置をしました。

f:id:amn7name:20180629012541p:plain

モデル紹介

口の開閉

f:id:amn7name:20180629012759g:plain

あいうえおの開閉に対応しています。

キーバインドによる感情変化

f:id:amn7name:20180629014758g:plain

キーを押下することで各表情に切り替えることが出来ます。

  • Zキー:笑顔
  • Xキー:涙
  • Cキー:青ざめ
  • Vキー:眼鏡非表示
  • A,S,D:眼鏡を曇らせる

FaceRigへの組み込み方法

データの内訳

  • texture_00.png…テクスチャ
  • 7name_hiziki.moc3…モデル
  • 7name_hiziki.model3.json…モデル情報
  • 7name_hiziki.physics3.json…物理演算情報
  • ico_7name_hiziki.png…FaceRig用アイコン

FaceRigへ入れる構成

  • [7name_hiziki]でフォルダを作成し、内訳データをすべて入れる。
  • [7name_hiziki.2048]という名前のフォルダを作成し、[texture_00.png]を中に入れる
  • [7name_hiziki]フォルダを以下の階層内に入れる。

[C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_CustomData\Objects]

  • FaceRigを起動し、モデル内に入っていることを確認できればOKです!

f:id:amn7name:20180629014835p:plain

モデルの調整方法、配信方法などは下記の記事をご参考になさってください。
7name.hatenablog.com

もうひと手間!

ちょっとリッチな表現…風揺れの追加

f:id:amn7name:20180629014858g:plain

先ほど作成したフォルダの中に1つファイルを追加すると、風揺れをさせることが出来ます。

[cc_7name_hiziki.cfg]という名前でテキストファイルを作成
その中に以下を記述し、保存をする。

cubism30_set_gravity 7name_hiziki 0 -1
cubism30_enable_wind 7name_hiziki true
cubism30_set_wind_optons 7name_hiziki 0 0 0

> cubism30_set_wind_optons 7name_hiziki 0 0 0

末尾の3つの数字にはそれぞれ X方向 Y方向 強度 の数字(0~6)を入力します。

f:id:amn7name:20180629015051p:plain

おわり

いつかはパーツごとの販売など、組み合わせて購入することでオリジナルモデルが出来る!とか出来ると面白そうですよね。
2次マはまだまだ始まったばかりで手探りなことが多いですが、少しでも盛り上げられればなと思います。

販売ページはこちら
https://nizima.com/item/detaillive2d/51nizima.com

BOOTHでも販売開始しました![7/5追記]

7name.booth.pm

こちらには風揺れ対応をした[.cfg]ファイルを同梱しているので、解凍ファイルをそのままFaceRigにドラッグ&ドロップするだけで使用することが出来ます。