7name/BLOG

備忘録

ゲーム「MuseDash」

f:id:amn7name:20180618220813p:plain
Twitterの広告でよく見かけ、すごい可愛く動いていたのが気になったのでインストールしました。
横スクロールのリズムゲームです。

f:id:amn7name:20180618221355g:plain

リズムにのって迫ってくる敵を倒したり、避けたりして進行していきます。
画面右側タップで下段、左側タップで上段で攻撃をします。

操作設定変更で上側タップで上段、下側タップで下段に切り替えることも可能です。

一連の流れとしては、
ステージをクリアして経験値を獲得し、レベルアップをすると新曲開放やキャラクター開放のアイテムを入手することが出来ます。

キャラクターはメインで操作するキャラクターと、オトモのようなスキルを持ったキャラクターの2種類います。
それぞれカケラアイテムのようなものが設定されており、一定数集めると開放することが出来ます。

f:id:amn7name:20180618221306g:plain

何人かは広告で見かけたこともあるんじゃないでしょうか。
キャラクターがみんな可愛い。そして良く動く!

ステージでの動きもそうですが、トップページやリザルトでの動きがすごくよく出来ていて
、見てるだけでも楽しいです。

f:id:amn7name:20180618221816g:plain

アクションの動きや瞬きや揺れのタイミングが一定、…などなど、恐らくspineなんじゃないかなと予想しています。
ポップな絵柄と大胆な動きがとてもマッチしていて、見応えがありますよね。

spineは3Dがわかる方にとってはとても分かりやすいと伺います。
私はボーンの事が良くわからず、試用版で遊んだとき頭が崩れ落ちていった苦い記憶があります…。
またいつかリベンジしたい…。

f:id:amn7name:20180618222200g:plain

もちろん音楽も良くて、私は One-way Subway、Pancake is Loveなどほっこり可愛い曲が好きです。

f:id:amn7name:20180618223049g:plain

全キャラ獲得を目指すぞー

Muse Dash

Muse Dash

  • X.D. Network Inc.
  • ゲーム
  • ¥240

play.google.com

FaceRigで滑らかな口の開閉

f:id:amn7name:20180610220757p:plain

こんにちは。ナナメです。
今回はFaceRigで「あいうえお」の表現方法を教えていただいたのでそれの紹介と、早速まうちゃんに取り入れたので調整内容をまとめました。

はじめに

突然ですが、アザトゥさんというVTuberをご存知でしょうか。

キャラクターデザインの可愛さやクオリティの高さのみならず…、口の動きがとっても自然じゃないですか?
無礼ではありますがアザトゥさんに口のパラメータについて伺ったところ、
アザトゥさんの制作者であるカオルさんが快く教えてくださいました。本当にありがとうございます!

口の開閉パラメータ

カオルさんにこちらのツイートをご紹介していただきました。
こちらの画像を参考に早速まうちゃんに取り入れて行きます。

パラメータの調整

f:id:amn7name:20180610231128g:plain

パラメータのスライダーについて

f:id:amn7name:20180610233443p:plain
変形で3つ、開閉で4つパラメータをセットします。
ただ、この状態ではわかりづらいのでパラメータを連携し、視覚的にわかりやすいようにします。

f:id:amn7name:20180610233215g:plain
パラメータの鎖アイコンをクリックすることでスライダーが1つになり格子状になります。
この状態で、先ほどの画像のように口を変形させていきます。

FaceRigでのトラッキング設定

口のパラメータ調整は以上で終わりですが、今回はFaceRigのトラッキング設定も調整しました。

f:id:amn7name:20180610234448p:plain
まずは[アバター]>[行動]から、目や眉毛の動きを調整します。
[瞼の開閉の動きを両方重視]を右にスライドさせると、完全に同じ動きになります。
片目ずつバラバラにまばたきしてしまう…という場合は右にスライドさせると解決します。

ただ、完全に右にスライドしてしまうとまばたきが出来なくなるので、やりたい表現を考えて調整を行いましょう。

f:id:amn7name:20180610234330p:plain
[高度なトラッキング設定]

f:id:amn7name:20180610234828g:plain
目や口を実際に動かしながら調整をしていきましょう。
スムージングを右にするほど滑らかさを重視し、まったりもっさりとした動きになってしまうので、スムージングは低めにすると良いと思います。

参考動画


Facerig調整のススメ

ラッキング設定はバニえもくん2号さんの動画を参考にさせていただきました!
今まで雰囲気で動かしていたんですが、やっと理解することが出来ました。

ラッキング設定の保存

f:id:amn7name:20180610235355p:plain
バックアップはしっかりとっておきましょう。

FaceRigに適用


まとめ

いかがでしたでしょうか。
「あいうえお」で動くと大分自然に見えますね。
口のパラメータ調整自体もそこまで難しくはないので、ぜひ皆さんもやってみてください。

情報を発信してくださった砲介さんカオルさんバニえも君2号さん、本当にありがとうございました!

さいごに

ここは押すなよ!!!絶対に押すなよ!!!!!!!!!!
f:id:amn7name:20180610234146p:plain
※[トラッキングを自動調整する]を押すとトラッキング設定が上書きされてしまいます。
私は今までそれを知らずに毎回ここを押していました…。お気を付けください!

自然な目の表現とは

f:id:amn7name:20180519010444p:plain

こんにちは。ナナメです。
今回は自然な目の表現について情報を得たのでそれの紹介と、まうちゃんに取り入れたのでその内容のまとめになります。

はじめに

先日面白い記事を読みました。
SHOWROOMerでお馴染みの東雲めぐちゃんに関する技術記事です。

この記事では東雲めぐちゃんの自然で豊かな表現はどのようにして行われているのか わかりやすくまとめられています。
(執筆者はのじゃロリおじさんでお馴染みのねこますさんです。)

panora.tokyo

[目の表現]

特に目の表現についての部分が面白かったのでご紹介します。
以下の動画をご覧ください。

目を動かしたとき、目玉だけではなく 周りの瞼や眉も動くようになっています。
こうした小さな積み重ねであの自然で豊かな表現が生まれていたんだと衝撃を受けました。

そしてこの[目の表現]はLive2Dでも同じことが出来そうだと思い、早速まうちゃんに取り入れることにします。

やってみた

初期パラメータ

Live2Dのサンプルデータや初期パラメータでは、目玉は固有のパラメータとして存在しています。
そのため、私もそれに従って、目玉だけを動かしていました。
ここに瞼や眉毛の動きを追加していくことにします。

f:id:amn7name:20180519011641g:plain

調整後パラメータ

f:id:amn7name:20180519012113g:plain

FaceRig適用

いかがでしょうか。
実際には目以外の顔の角度なども合わせて動くため、劇的に変わるわけではありません。
ですが左右に目を動かしたときに瞼が動くなど、若干の変化は分かると思います。

比較

調整前

f:id:amn7name:20180519012141g:plain

調整前

f:id:amn7name:20180519012211g:plain

特に下を向いたときにわかりやすいですね。
目を見開いたまま目玉だけ移動していたのが若干自然になりました。

まとめ

前回の記事ではFaceRig用に ひとつのパラメータに複数のパーツの変化 を行いました。
7name.hatenablog.com

その時に感じたのは、Live2Dでの初期パラメータはあくまで初期パラメータであって
必ずしもそれと同じ設定をする必要はないんだ、ということです。

最終的にLive2Dでアニメーションを作る場合はその限りではありませんが、
FaceRigでは特定のパラメータがカメラに合わせて動く+キーバインドによるパラメータ変化 でモデルが動きます。
(+キーバインドでモーション再生が出来ますが、今回は省いています)

その条件下でいかに自然に、魅力的に表現ができるか。
どのパラメータになんの情報を持たせるかを改めて考えてみようと思います。

FaceRigに適したLive2Dのパラメータ設定

こんにちは。ナナメです。
今回は、前回制作したまうちゃんのLive2Dモデルを
FaceRigに適したパラメータにブラシュアップをしたのでどう調整をしたのかまとめたいと思います。
7name.hatenablog.com

そもそも適したパラメータとは

FaceRigは特定のキーを押すとパラメータを変化させることが出来ます。
詳細はこちらのブログが参考になるのでご覧ください。
https://qiita.com/kiy0p0n/items/a39e0beb183e8fca96adqiita.com

ver3の不具合(2018年5月4日現在)

cfgファイルを書き換えれば
初期で設定されているパラメータ以外を指定することが出来るのですが、cfgへの書き込みは反映されません。
そのためver2で出力して対応している方が多いと思います。

今後ver3データも対応されると思うので、
取り急ぎは初期設定のパラメーター名を使ってパラメーターの設定をしています。
(まうちゃんは初期設定で動くようにしているため cfgファイルは作成していません)

パラメータ内訳

Zキー (ParamCheek) 笑顔

f:id:amn7name:20180504172229g:plain

  • 耳、髪を上に向ける
  • 頬を濃くする
  • 閉じたときの目を笑顔にする
FaceRigでの表示

f:id:amn7name:20180504171829g:plain

Xキー (ParamTear) 悲しみ

f:id:amn7name:20180504173139g:plain

  • 耳、髪を下に下げる
  • 眉を傾ける
FaceRigでの表示

f:id:amn7name:20180504172903g:plain

Cキー (ParamRage) 腕

f:id:amn7name:20180504173417g:plain

  • 腕の切り替え

切り替える際に少しだけ回転をかけています

FaceRigでの表示

f:id:amn7name:20180504173455g:plain

Vキー (ParamHairFluffy) めがね表示

f:id:amn7name:20180504173640g:plain

  • 不透明度の切り替え
FaceRigでの表示

f:id:amn7name:20180504173732g:plain

めがねの実装

角度に対応させる

f:id:amn7name:20180504174539g:plain
眼鏡全体の曲面デフォーマと、左右のつるの曲面デフォーマを作成し、顔の角度に合わせて調整を行います。
つるは描画順グループを作成して深度を変更しています。

パーツ内訳

f:id:amn7name:20180504175345p:plain
つるは細長い線を作成し、正面の時は折りたたんでいます。

f:id:amn7name:20180504175838g:plain

作業過程動画


めがね実装【LIVE!】

めがねの実装は生放送で作業配信を行いました。
Live2D作業は1:40:00くらいからです。

めがね実装完了!


まとめ

FaceRigで設定できるキーが4つって少ない気がするんですが、どうなんでしょう?
とりあえず4つそろえることが出来ました。
今後は髪型や服装などを追加したり出来たら楽しそうです。

めがね実装は配信をしつつ作業を行ったのですが、
どんな眼鏡にする?と相談をしつつわいわい進められて本当に楽しかったです。

見られてるって意識するといつもより集中できたので、今後も作業配信を行っていきたいと思います。
見に来てくださったかた本当にありがとうございました!

追記(2018/5/6)

f:id:amn7name:20180506222157p:plain

追記(2018/6/4)

設定できるキーが4つだけと記載しましたが、正確には5つでした。
ParamTongueがA,S,Dいずれかのキーを押している間適用されるようです。
いずれこのキーにも何かパラメータを設定したいと考えていて、その際はブログにまとめたいと思います。

まうちゃん制作過程

先日FaceRigで動かすためのLive2Dモデルを作ったので、その制作過程の備忘録です。
まだまだ最低限動かせるようになっただけなので、表情やモーションなどを追加してアップデートしていく予定です。

 

#01


アートメッシュ作成

自動生成はあんまりキレイじゃないので全部手を入れます。
細かすぎるとあとかシンドいのでなるべく大きめを心がけていますが慣れていないのでよく出戻ります。

デフォーマ作成
サンプルデータを参考にしながら、大きいところから作り、親子関係を作っていきます。
大体組めたらあとはパラメータ付けるときに再度手を入れるので、とりあえずパーツを管理しやすいように整理する感覚でやっていきます。

開閉

f:id:amn7name:20180412174003g:plain
下まつげが閉じたときに良い感じに機能してくれて、
閉じたとき用のパーツを付ける必要がなくシームレスな開閉を作れました。

FaceRigでは開いた状態は1ではなく0.75にするのが良いらしいので、そのようにしてみました。

角度Z

f:id:amn7name:20180412174249g:plain
親の顔の回転デフォーマのみ動かした状態です。

 

#02


上下、左右、角度、変形

f:id:amn7name:20180412174505g:plain
細眉のほうが感情表現作りやすいっていうのは絵を描いているときから気づいていました。
たくあん眉は正義だと思います。

f:id:amn7name:20180412174653p:plain
それぞれデフォーマを分けることでパラメーターのコンフリクトを防いでいます。

開閉

f:id:amn7name:20180412174953p:plain
見開いた1.5

笑顔

f:id:amn7name:20180412175052p:plain
閉じた状態の目の変形の作成。

開閉

f:id:amn7name:20180412195235g:plain

変形

f:id:amn7name:20180412195421g:plain
悲しみ-普通-嬉しい
あいうえおを作るパタンも作ってみたい。

前歯 切替

f:id:amn7name:20180412195548p:plain
ねずみ娘だし前歯はデフォであったほうがいいんですかね。

頬 切替

f:id:amn7name:20180412195702g:plain
不透明度を変えています。

#03


ネズミ耳

下がり、上げで作成
f:id:amn7name:20180412195851g:plain

角度Z

f:id:amn7name:20180412200301g:plain
前髪と横髪を揺らしました。

前髪揺れ 横髪揺れ

f:id:amn7name:20180412200439g:plain
左右に揺らしました。

後ろ髪揺れ

f:id:amn7name:20180412200544g:plain
上下に揺らしました。

f:id:amn7name:20180412200803g:plain
頭と三つ編みとをグルーでつないでいます。

#04


呼吸

f:id:amn7name:20180412202227g:plain
基本は全体のデフォーマを少し上下に揺らせば十分だと思いますが、
FaceRigだと顔がよく動くのでそれだと気づきにくいと思い、腕を少し回転させ大胆めに動かしています。

角度

f:id:amn7name:20180412201015g:plain
下絵を描いたほうが確実に捗ります。(時すでに遅し)
デフォーマをコピペして左右反転する方法があるようですがよく分からなかったので手付けで調整していきました。もっと気軽に出来るようになってほしいです。
四隅は自動生成しています。

体の回転X

f:id:amn7name:20180412201212g:plain
胴体を捻らせてます。
胸辺りのシワを大きめに動かしたり、腕を大きめに動かすとそれっぽくなります。

物理演算

f:id:amn7name:20180412201746g:plain
髪の毛・ネクタイ・しっぽを動かしています。
しっぽはスキニングでぬるぬる動くようにしましたが、FaceRigだと見えないですね。

まとめ

今回は前回と違い、左右対称に動く正統派なモデル制作を行いました。
7name.hatenablog.com

今回はもっと物理演算ゴリゴリの髪揺れをしたかったんですが、好みを詰め込んでデザインをしたら全然揺れないキャラクターが出来上がりました。
モデル制作は3回目、前よりは迷うことが無く作業を進めることが出来たと思います。

パラメータの動きはサンプルモデル初音ミクを参考にしています。
動かすパラメータはFaceRig対応のテンプレートを参考にして最小限の動きだけにある程度絞っています。
表情アニメーションをつけたり腕を動かしたりアップデートしていきたいと思います。

FaceRigへのデータの持って行きかたは次回の記事にまとめます!

FaceRigでの配信方法

FaceRigを用いたYotube配信方法を調べてみたので、その備忘録です。

用意するもの

私はこれを買いました。カメラとマイクがセットになっています。1800円。
この手の機材には疎いので、何が良いかは分かりません。おすすめ教えてください。

ちなみに

私のチャンネルはこちらです。
名前設定間違えてナメナになっちゃった…(間違えまくって変更規制かかった)
www.youtube.com

FaceRigの設定

日本語化

f:id:amn7name:20180331163948g:plain
画面上部にあるメニューの一番右のアイコンをクリックするとメニューが増えます。

f:id:amn7name:20180331164620j:plain
歯車→お気に入り設定→言語 から日本語を選択すれば日本語化は完了です。

キャリブレーション

f:id:amn7name:20180331170347j:plain
自分の表情とアバターの表情を一致させる設定です。
普通の顔の状態で設定をすると、その状態がアバターの初期値になります。

アクション設定

FaceRigでは、キャプチャだけでは補えない動き(手を挙げる、頬を染める 等)をキーボードショートカットを使って補完します。
最初にアバター設定からカスタム動作を有効にチェックを入れてください。
f:id:amn7name:20180331164951j:plain
アバター→行動

f:id:amn7name:20180331165408j:plain
歯車→お気に入り設定→キーバインド

f:id:amn7name:20180331170921g:plain
かわいい~~

背景を変更

f:id:amn7name:20180331171309j:plain
画面と合成するために背景を黄緑色に変更します。
背景→ギャラリー→グリーンスクリーン

OBSの設定

次は配信をするための設定を行っていきます。
映像や音声の設定については省きます。(よくわかっていません)

Youtube配信情報の登録

f:id:amn7name:20180331172102j:plain
設定を開きます。(最初場所に気づかなかった

f:id:amn7name:20180331172258p:plain
ここには自分のキーを入力します。

f:id:amn7name:20180331172520j:plain
ストリームキーは、Youtube→クリエイターツール→ライブストリーミング の下部にあります。

画面を映す

f:id:amn7name:20180331172905j:plain
ソースに映したいものを追加して、画面を作ります。
レイヤーみたいに好きにレイアウト出来て、かなり手軽ですね…。(そういうもの?)

FaceRigを追加

f:id:amn7name:20180331173128j:plain
f:id:amn7name:20180331173259j:plain
+→映像キャプチャデバイス→OK→FaceRig Virtual Camera→OK

f:id:amn7name:20180331173339j:plain
配置が出来ました。
画面をドラッグで移動、枠をドラッグすると拡縮することが出来、好きな位置に配置が出来ます。

背景を抜く

f:id:amn7name:20180331173641j:plain
FaceRigのソースを右クリック→フィルタ

f:id:amn7name:20180331173822j:plain
f:id:amn7name:20180331173943j:plain
抜けました。

画面を追加する

ソース→+→ウィンドウキャプチャなどを選択し、映したい画面を選択します。

配信開始

f:id:amn7name:20180331174259j:plain

f:id:amn7name:20180331162148g:plain
これであなたもバーチャルユーチューバー!

思った以上に手軽に導入できたので、皆さんもぜひやってみてください。
結構面白かったので、そのうち何かやるかもしれません。

何かありましたら、コメントやTwitter質問箱にお気軽にどうぞ!

お寿司を送る

サボテンの植え替え🌵

こんにちは、ナナメです。

先日年に1回行う植え替え作業をしたのでその記録をまとめます。

 

はじめに

多肉植物は年に1回、植え替えをして生長をする植物です。

1年も同じ鉢に植えていると、

根が伸びきってしまい、これ以上伸びることができなくなったり、

土が砕かれていくため、水はけが悪くなったりします。

そのため環境を整えるために植え替えをする必要があります。

 

というわけで、土やらを買いに行くためホームセンターに買い出しに行きました。

事前に買い足す鉢をメモしておくことが非常に重要です。(自分への戒め)

今回それを忘れたので後から買い足しにいくはめになりました…。

 

購入品

f:id:amn7name:20180319093055j:image

今回購入した植物たち。

多肉、ハートカズラアデニウム、ウンベラータなど。

毎年植え替えのたびに買い足していっているんですが、だんだん多肉やコーデックス、観葉植物とサボテン以外の植物も興味を抱くようになってきてるなと思います。

それと素焼き鉢を15鉢くらい、IB化成(N−P−K 10−10−10)、日向土、観葉植物の土を購入しました。

 

作業開始

サボテンを鉢から抜いて古い土を落として行きます。

f:id:amn7name:20180319093126j:image

f:id:amn7name:20180319093141j:image

 

一番左は雷神閣。徒長もせず均一な太さで生長してくれているのが嬉しいです。

紫になっているのは寒さと脱水による症状だそうです(スーパーサボテンタイムさんより)。

裏面は綺麗な緑色です。

 

f:id:amn7name:20180319093153j:image

すべて終わりました。

総じて細かい根が広がっている印象がありました。

 

植え替え

[赤玉土50%、腐葉土15%、軽石30%、ゼオライト、くん炭10%]を混ぜた土を使います。

多肉類は気持ち水不足気味だったので、腐葉土の割合を増やしてみます。

鉢底石、土、マグァンプ、土の順で入れ、植えつけていきます。

元肥は根に触れさせないようにして入れるタイプです。

f:id:amn7name:20180319093223j:image

f:id:amn7name:20180319093236j:image

f:id:amn7name:20180319093244j:image

 

f:id:amn7name:20180319093252j:image

十二の巻

去年蚤の市で購入したセメント鉢に植え付けてみました。かわいい。

 

f:id:amn7name:20180319093317j:image

ハートカズラ

増やしてモッサモサにしたい。

 

f:id:amn7name:20180319093333j:image

フォーカリア

写真検索するとモンスター感出てるんだけど、ああなるのかな…。

 

f:id:amn7name:20180319093412j:image

ヒマツリ

 

さいごに

終わった頃には18時過ぎになってしまって、

もう1日以内に作業を終わらせるのは辛くなってきたかもしれません。

また、3月中旬はまだ寒さが残るので、温度の安定する4月ごろの方が良いなと思いました。(去年は5月の暑い日にやり、来年はもっと早い時期にやろうと決めていたのでした)

今回は急ぐあまり、あんまり根の整理をしていないので、来年はしっかりやります。(メモ)

ウンベラータは室内で管理し、それ以外は簡易温室で管理をしていきます。

時々写真をTumblerにアップしているので、興味がある方はご覧ください。